空気が澄み、月が輝きを増す季節がやってきました。今日は旧暦8月15日。今夜の月は、古来より「十五夜」「中秋の名月」と呼ばれ、親しまれてきました。

旧暦の7月から9月である「秋」の真ん中の日は、1年で最も明るく美しい満月を鑑賞できると考えられていたのですね。

また、十五夜は秋の収穫を祝う行事でもあり、芋類の収穫を感謝してお供えしたため、「芋名月」とも呼ばれています。

十五夜

一般的にお月見といえば「月見団子」がお供えとして思い浮かぶ方が多いのではないでしょうか?
そのお供えする団子の個数にはふたつの説があるそうです。

ひとつは、その年の満月の数をお供えするとして通年は12個、うるう年は13個にするという説。

そしてもうひとつは十五夜なので15個とするというシンプルな説。
どちらをとるか悩んでしまいますね。

ススキ

ちなみに一緒に飾る「ススキ」は月の神様が依り付く対象としてお供えされているのですが、本来は稲穂にしたいところを、この時期にはそろわなかったため、形が似ているススキが使われるようになったとか。

ススキには魔よけの効果もあると信じられていたので、お月見の後にススキを軒先につるすと一年間病気をしないと言われています。

こうしてひも解いてみると、昔からの伝統的な風習の中に様々な意味がひそんでいることがわかりますね。

今夜は空を見上げてお団子を食べながら、月にまつわる昔物語に思いを巡らせてみてはいかがでしょうか。

十五夜

天体望遠鏡や双眼鏡、顕微鏡などの光学機器メーカー。「星を見せる会社」になるというビジョンのもと、製品の製造・販売にとどまらず、「宙ガール」「スターパーティ」などのライフスタイルを提唱しています。
気軽に楽しく「今」の和暦を知ることができるサイト。日めくりの魅力を伝えるとともに、二十四節気や七十二候のこと、四季折々の美しい日本風景や旬の食材などを紹介しています。
商品詳細ページへ