「かみのけの星座!?」と驚く人も多いのではないでしょうか。
名前のインパクトが強い「かみのけ座」は、素敵な夫婦愛の神話が伝えられてきたロマンチックな星座です。

その昔、古代エジプトにプトレマイオス王とその妻ベレニケ王妃がいました。
ある日、プトレマイオス王が戦場に行くこととなり、ベレニケ王妃は「王が無事に帰ってきたら自分の髪を女神アフロディーテに捧げる」と誓って、女神に祈りました。

ベレニケ王妃

女性にとって、自慢の美しい髪を切ることはとても勇気がいること。王妃はそれほどまでに王である夫の無事を願っていました。
女神はその願いを聞き入れ、王を無事に帰国させます。そして、ベレニケ王妃は約束通り、自分の美しい髪を女神に捧げたのです。

女神はこの王妃の行動を称え、捧げた髪を「かみのけ座」として宙に飾りました。今でも素敵な夫婦愛の印として宙で輝いています。

かみのけ座

かみのけ座はしし座のデネボラと北斗七星の真ん中くらいに位置しています。
星が良く見える場所なら、白くもやもやとした姿を見ることができますので、ぜひ探してみてください。


木原美智子 紹介

天体望遠鏡や双眼鏡、顕微鏡などの光学機器メーカー。「星を見せる会社」になるというビジョンのもと、製品の製造・販売にとどまらず、「宙ガール」「スターパーティ」などのライフスタイルを提唱しています。
気軽に楽しく「今」の和暦を知ることができるサイト。日めくりの魅力を伝えるとともに、二十四節気や七十二候のこと、四季折々の美しい日本風景や旬の食材などを紹介しています。
twitter
facebook
インスタグラム
商品詳細ページへ