今日は小惑星探査機「はやぶさ」の後継機である「はやぶさ2」が打ち上げられた日です。

目的は地球近くの小惑星「リュウグウ」へ着陸し、その物質を採取すること。
2010年に、世界で初めて小惑星の物質を持ち帰った「はやぶさ」の功績と、戻ってくるまでの物語は多くの人々に感動を与えました。

そしてその実績から、人々の想いが再び小惑星探査に向かったことで、2014年12月3日に「はやぶさ2」の早期打ち上げが実現したのです。

初代はやぶさが採取した小惑星「イトカワ」の粒子の解析により、小惑星の種類による地質の違いが少しずつ明らかになってきました。
その結果、「はやぶさ2」は太陽系が生まれた約46億年前の地質が存在していると考えられる、小惑星「リュウグウ」を目的地にして出発しました。

はやぶさ2

2018年6月27日に「はやぶさ2」は小惑星「リュウグウ」へ到着。

初代はやぶさのトラブルから得られたことを活かし、「はやぶさ2」にはアンテナの変更をはじめ様々な改良が加えられました。

そのかいあってか、「リュウグウ」では想定外の巨大岩だらけの地面で、どこに着陸するかといった問題をはじめ、数々の難題が「はやぶさ2」に立ちはだかりましたが、プロジェクトメンバーによる素晴らしい機転と応用もあり、無事に乗り越えることができました。

そして、見事に合計二回のタッチダウン(探査機の着地)に成功したのです。
詳細は地球に戻らなければわかりませんが、カメラの捉えた映像には、リュウグウの物質の採取に成功している様子が収められています。

hayabusa2

小惑星リュウグウへの第二回タッチダウン 4秒後の画像

「はやぶさ2」は第一回目のタッチダウンの後、人工的にクレーターをつくり、さらに地下の物質を掘り起こした上で、その近くの地点に第二回目のタッチダウンを成功させました。

一回目に採取されたとみられる黒い物質と、二回目に得た物質の色が異なっていたため、地下に眠る物質も採取できたことが期待されます。

じつは、着地において重要な役割を果たす光学センサーに、一回目の着地で砂ぼこりがついてしまったため、「安全を考えるなら二回目は行わずに地球に戻ってはどうか」など、不安視する声もあったそうです。
ですが、ぎりぎりまで時間を使った検討の上、地下の物質も採取するという偉業を成し遂げました。

「私たちは太陽系の歴史を手に入れることができました」

そう語ったプロジェクトマネージャーの津田雄一さんの言葉に込められた想いはどんなものだったでしょうか。
人類誕生の謎、太陽系の起源に迫る、大いなる挑戦を成功させた瞬間でした。

リュウグウ

その他にも、搭載された3台の探査用小型ローバのうち「MINERVAⅡ(ミネルバ2)」の「MINERVAⅡ-1A」「MINERVAⅡ-1B」は世界で初めて小惑星の上を動きながらの探査や撮影に成功しました。

そして赤外分光顕微鏡をはじめとした、広角カメラや熱放射計などの科学機器をそのまま小惑星に送り込むという大胆な発想を見事に成功させた小型着陸機「MASCOT(マスコット)」も大活躍。

残念ながら不具合があった「MINERVAⅡ-2」も、リュウグウの重力場を推定する実験などで窮地を成果に変えて活躍しました。

ミネルバⅡ、マスコット

約1年5カ月間の滞在で数多くの成果を上げた「はやぶさ2」は、2019年の11月13日に地球へ向けて出発しました。
帰還は東京オリンピック後の2020年末頃を予定しています。

未知の惑星へ探査に行き、サンプルを持ち帰る。
今までは実現不可能だったようなことが、可能になる時代がやってきました。

浦島太郎の物語のように、「リュウグウ」城から「はやぶさ2」がどんな宝物を持ち帰ってくれるのか?
想像するだけでワクワクしますね。

「はやぶさ2」を応援しながら、その帰還を一緒に待ちましょう。

天体望遠鏡や双眼鏡、顕微鏡などの光学機器メーカー。「星を見せる会社」になるというビジョンのもと、製品の製造・販売にとどまらず、「宙ガール」「スターパーティ」などのライフスタイルを提唱しています。
気軽に楽しく「今」の和暦を知ることができるサイト。日めくりの魅力を伝えるとともに、二十四節気や七十二候のこと、四季折々の美しい日本風景や旬の食材などを紹介しています。
twitter
facebook
インスタグラム
商品詳細ページへ