今日は「十五夜」の約一か月後に巡ってくる「十三夜」です。十五夜に次いで美しい月とされていて、後に来るので「後の名月」と呼ばれています。

十三夜

中国由来の十五夜とは異なり、日本固有の風習で、十五夜のようにススキ、お団子をお供えするところもあれば、この時期に収穫される栗や大豆をお供えするところもあることから、「栗名月」「豆名月」とも呼ばれています。

この日は晴れることが多いので“十三夜に曇りなし”という言葉もあります。

十五夜だけを鑑賞することは「片月見」と呼ばれ、縁起が悪いとされているため、十五夜をお月見したら十三夜にも必ずお月見をするものとされていたそうです。

お供えをして名月を眺め、月見酒を酌み交わしながら、歌をよみ、音楽を奏でて月の宴を楽しむ。

日本古来より行われてきた風雅なふたつの月見を、現代の今夜、時を超えて楽しんでみてはいかがでしょうか。

十三夜

天体望遠鏡や双眼鏡、顕微鏡などの光学機器メーカー。「星を見せる会社」になるというビジョンのもと、製品の製造・販売にとどまらず、「宙ガール」「スターパーティ」などのライフスタイルを提唱しています。
気軽に楽しく「今」の和暦を知ることができるサイト。日めくりの魅力を伝えるとともに、二十四節気や七十二候のこと、四季折々の美しい日本風景や旬の食材などを紹介しています。
twitter
facebook
インスタグラム
商品詳細ページへ