1608年10月2日、オランダの眼鏡職人が望遠鏡を発明しました。
それは、2枚のレンズを筒の両端に取り付けて作られた望遠鏡でした。

望遠鏡の日

そして翌年1609年には、ガリレオ・ガリレイが初めて望遠鏡を夜空に向け、宇宙の謎を解き明かす発見を次々としていったのです。

望遠鏡の日

今では、普段のくらしの中で気軽に星空を楽しめる天体望遠鏡がたくさんあります。

望遠鏡の日

せっかくなら、今夜は天体望遠鏡を使って星を観察して、
ガリレオが味わったような感動を、同じように楽しんでみませんか?レンズの向こう側には、宇宙の神秘に包まれた魅力的な世界が広がっています。
天体望遠鏡で星を見ると、宙を見上げるのがもっと好きになるはずです。

語り手
株式会社ビクセン
星空アドバイザー 木原 美智子


木原美智子 プロフィール

天体望遠鏡や双眼鏡、顕微鏡などの光学機器メーカー。「星を見せる会社」になるというビジョンのもと、製品の製造・販売にとどまらず、「宙ガール」「スターパーティ」などのライフスタイルを提唱しています。
気軽に楽しく「今」の和暦を知ることができるサイト。日めくりの魅力を伝えるとともに、二十四節気や七十二候のこと、四季折々の美しい日本風景や旬の食材などを紹介しています。
twitter
facebook
インスタグラム
商品詳細ページへ